SEO対策は急げば回れ その2

みうのSEO対策の持論は「急げば回れ」です。

 

速攻性が高いSEO施策は早晩対策されて使えなくなります。

 

このときのうっちーは無料ブログを軽視していました。

ask.fm
みうは何を言われても、無料ブログのほうがいいと思っていました。

 

中古ドメインは前所有者のサイトの運営歴を引き継げるので、メインサイトやサテライトサイトに使うと強力なSEO効果が見込めます。

 

しかし、みうはこれまで中古ドメインは使っていません。中古ドメインはお金がかかるからというのもありますが、怪しさを感じていました。みうの勘が当たりました。

 

2016年10月に中古ドメインにペナルティの嵐が吹き荒れました。無料ブログを使っていたみうはノーダメージでした。参考:SEO対策に効くサテライトブログ

 

SEO対策の世界では、しばしば特定の施策が「裏目に出る」とか「足元をすくわれる」という出来事が起きます。

 

SEO対策に限らず、よく言われる言葉があります。「うまい話には罠がある」。この言葉は肝に銘じたほうがいいでしょう。

正論を言ってもつまらない

「何事も人より努力した者が報われます」
正論だ。しかし、そんなことを言っても当たり前すぎて心に響かないよね。

SEO対策は時間がかかります」
確かにその通りだ。しかし、

手っ取り早く順位を上げる裏技はみうはあると思うな。
みんな裏技知りたいよね。タダじゃ教えない。

失敗は成功の元

みうは検証のためいろいろやっているので順位が落ちることがあります。「順位が落ちたからあの業者はダメだ」と決めつけるのは早い。必ず落ちた原因があります。その原因を突き止めることで、次に活かせます。

SEO対策のノウハウは失敗しないと蓄積しない。ガンガン失敗したほうがいい。今までそうしてきました。

SEO対策は言うのは易しく実現するのは難しい

この前、マッサーという人のSEO動画を買いました。マッサーは動画の中で「個別ページにバズらせるコンテンツを作って、ドメイン全体を評価を上げよう」うんぬんと説明していました。

そもそもバズらせるのが難しい。それができたら何も苦労しない。

SEO対策は「ああすべきだ」「こうすべきだ」と言うのはやさしい。実現するのが難しい。

SEO対策は急げば回れ

みうのSEO対策論。急げば回れ。

9月にキーワードリンクばかり付けたら飛びました。その反省から最近はURLリンクとタイトルリンクしか付けていません。手っ取り早く順位を上げようとしても飛ぶので、1か月に1つづつのペースで順位を上げていきます。1年後に1位になる予定です。

SEO対策の世界では結果がすべて

「犬と猫どっちが好き?」
「一戸建てとマンションどちらに住みたい?」
「休日は自宅でゆっくりしたい?それとも外に出かけたい?」
人によって価値観が異なります。

それはそれでいいのですが、みうは絶対的に価値が高いものに魅力を感じます。絶対的に価値が高いものと言えば、例えばお金です。もし1万円札と1000円札をどちらか片方だけ自由に受け取ることができるのならどっちを選ぶか。人によって価値観に違いはない。

検索順位も絶対的に価値が高い。4位よりも3位のほうがいいし、3位よりも2位がいいし、2位よりも1位がいいに決まっています。しかし、検索順位を上げるための考え方は人によって価値観が異なります。いわゆる「ブラックハットSEO」と「ホワイトハットSEO」です。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOのどっちが正しくてどっちが間違っているとかはない。しかし、聞き手はブラックハットSEO論者とホワイトハットSEO論者の言い分だけを聞いて判断しているわけじゃないんですね。検索順位とセットで判断しています。

「コンテンツを充実させれば順位は上がっていきます」と言おうが「被リンクを付けないと順位は上がりませんよ」と言おうが、言っている人のサイトの検索順位が低ければまるで説得力がない。

みうはどちらかというとブラックハットSEO論者の部類に入ると思いますが、結果を出すことを第一に考えています。

SEO対策の世界では結果がすべてです。ブラックハットSEOでもホワイトハットSEOでもいいので、まずは結果を出すことが大事です。結果を出さずに口先だけ偉そうに講釈をたれても誰も信用してくれませんからね。

みうのサイトが「SEO対策」で1ページ目にランクインしたので、これを機会に言ってみました。

 

 

ブラックSEOはリスクが高いからホワイトSEOで運営するだって?

ブラックSEOはリスクが高いからホワイトSEOで運営するというのは、みうはおススメできないな。ホワイトSEOでも順位が上がらなかった意味がない。 ホワイトSEOで順位を上げているサイトは確かに存在する。しかし、ホワイトSEOで上げることはブラックSEOで上げることよりもさらに難しいと思う。